デス種・ジェネ・アクエリに愛を注ぐ。コメント・TBはお気軽に(´∀`*)


by irony_destiny

ゾイドジェネシス11話『旅の仲間』 簡易

簡易感想です。
うおおおザイりん!もっかい見たいよ・・・!!

ところでDVDでの作画なおしはありますか・・・まっっっまじやばいよコレ・・・
(あんまり作画に文句言うのもよくないとは思うのだけど!)

お話は本当に安心して観れる。面白いなあ、よくできてるー
っていうかキャラ描写が細かいだけで感動!
某ナントカとは本当に大違いってか・・・ゾイドの評判あがるといいなあ。
やっぱりゾイドすきすぎる!!

ミィ様かわいかったー!((((・_・|ザイりんも|_-))))



●ザイりんの上官はフランケンでした。
●フランケンの服も土偶スーツと張るくらいかっこよかったです。
●そのファッションセンス、ディガルドクォリティ!軍服も暑そう。
●ディガルド兵の女の子かわいかったなあ!
●ザイりんは左遷されました。まあ、あんだけやればね!
●フランケンとザイりんは『君と私の仲』です。ムフフなの?
●フランケンの部下ゲオルグはフランケン以上にフランケンでした。
●ドラゴンボールのかなり初期にいたよね?ゲオルグ。
●ザイりん、ルージ君とは自ら決着をつけたいそうです。
●てかそれ、ものっっっそ気に入ってんじゃん!!!
●『ディガ!!』って敬礼のとき・・・今更だけどディガルドのディガだったのか。
●ザイりんのかわりは『とんでもない男』どうとんでもないんだろう?
●セイジュウロウさんの修行はルージ君の上に乗ることでした。
●しかし、それで鍛えられるのはルージ君ではなくムラサメライガーでした。
●鍛えられると言うか、凄い負荷かかりそう・・・。
●ルージ君、ミィ様に言葉攻め!!(丸焼きの件)
●ルージ君、屈しないミィ様に更に言葉攻め!!(丸焼きの件)
●コトねぇルージ君にHONKIだったよ!!
●ガラガだけでなくロンもコトねぇがお気に入りかー。
●ロンはロリコン変態オタクっぽいと思ったんだけどなー。
●コトナは本名じゃないらしい!じゃあエレガンスも本名じゃないのか?
●エレガンスが本名じゃないと言うことは自分でつけたということか?
●エレガンスを自分につけるなんてコトねぇは凄い自信だ・・・!!
●場面変わって雪合戦です。
●ミィ様は風邪をひいてしまったようです。
●ルージ君はミィ様のために薬草を取りに行きます。
●そんなルージ君を師匠はつけまわします。
●ルージ君は薬草を取りますが落ちます。
効果音で語る男、セイジュウロウ。
●セイジュウロウの気持ちは台詞ではなくありがちな効果音ですまされます。
●師匠の上着は熊の毛皮みたいなやつでした。
●それにしてもぜんっぜん喋らないセイジュウロウ。
●っていうかセイジュウロウが薬草とりにいってくれよ!
●ルージ君にお礼は言うものの、素直じゃないミィ様。
●ミィ⇒ルージ!(・∀・)イイ!


いやーまじ面白いジェネ。作画が本気で悔やまれる・・・。
アレで作画にもっと力入ってたら、間違いなく人気アニメだったのに!
布教したいなあ・・・うずうず。
こう、嫌われるようなキャラがいないのも安心。論争おきないし。
子供向けは敬遠しがちだったけど、そう子供向けの内容でもないし
キャラ描写もしっかりした上でイヤミが無いって言うのは最高にいい。

そして、何より、笑える。

ジェネ、笑える。これにつきる。いい意味で!
[PR]
by irony_destiny | 2005-06-26 01:43 | ゾイドジェネシス